img_02

一目でわかる美容外科!

美しい肌を手に入れたいと思う女性は多いものです。
しかし、間違った美容法を繰り返すと、逆にシミなどを作ってしまうことがあります。手軽に美人肌を手に入れるために、キーポイントとなるのが美容液です。

例えば、上手く美容液を使う事によって、目の下のクマもケアできます。

本来クマと呼ばれるものは、血液のよどみによる青グマを指します。

寝不足気味の人・目が疲れている人・生まれつき冷え性の人などに表れるものです。青グマは生まれつきの要素が強いのですが、加齢によってコラーゲンが減る事により、皮膚が薄くなるので目立ってきます。


従って、青グマ対処としてコラーゲンを増やすレチノールといった成分を含む美容液が効果的です。

http://clinic.e-kuchikomi.info/datsumoを知ろうと思っている人にお勧めの情報をお届けします。

冷え性の人は、冷たいものや喫煙を控えることでクマの目立ちを避ける事ができます。また一番多く見られる黒グマは、むくみとたるみによるものです。

下瞼の薄い皮膚が加齢でたるみ、影ができた状態です。


黒グマは基本的に皮膚のたるみが原因なので、コンシーラーなどでは隠せず青グマ同様コラーゲンを増やす美容液でお手入れするのが有効です。しかし目の下に小さいシミのようなものが連なってクマのように見える茶グマは、シミと同じなので青グマや黒グマと異なり美白のお手入れが必要になります。

まぶたを強くこすると黒ずんでしまうので、コットンでたたいたり手でこするといった行為は避けましょう。
それから、健やかな肌に欠かせないのが保湿です。

肌の角層には水分が含まれていますが、この水分を守る成分であるセラミドは年齢とともに減ってしまいます。

それゆえセラミド配合の美容液を使用することで、肌の保湿を維持することができます。
また、肌に化粧水をつけたら、その水分を逃さないように油分でふたをするといったスキンケア方法がありますが、美容業界では古い理論になりつつあります。

肌の潤いを保つためには、肌の水分とがっちり結合する保湿成分が重要なので、これらの成分を配合した美容液を積極的に利用することが美肌への近道となります。