エイジングケアが出来る化粧水

  • エイジングケアで化粧水を選ぶ時のポイント

    • エイジングケアで選びたい化粧水は、保湿効果があるものを選ぶことも大切ですが、エイジングで使いたいのであれば機能性の高い効果が認めらえている成分が適切な濃度で配合されたタイプを選ぶと良いです。


      スキンケアは化粧水だけで終わるということは殆どなく、その後に乳液やクリームなどを塗ることが殆どです。

      化粧水のエイジングケアが広く知れ渡ってきました。

      乳液やクリームなども含まれてスキンケアとなり、特にエイジングのスキンケアは化粧水だけで終了ということは考えにくいです。
      エイジングケアは保湿効果があるものを選ぶのも良いことですが、それを重視して選ばなくても大丈夫です。


      保湿された肌の状態は肌の水分を保持する力と水分の蒸発を防ぐことができる力で、水分は肌のバリア機能が担っており、角質層の角質細胞間脂質が大切になりセラミドがそれの役割があります。


      水分の蒸発については、皮脂と汗による皮脂膜が役割があり、これらが揃うことで潤いのある肌になります。

      年齢を重ねていくと肌の力だけでは保湿することは難しいため、スキンケアで低下した肌の潤いを補うことが必要になります。



      そのため、エイジングケアを考える時に、化粧水のみで水分を保つために潤いを補うだけでは足りないと考えることができます。


      加齢により水分を保つ力が強いのは油分が多い美容液や保湿クリームが適しており、美容液やクリームなどでセラミドを補うと良いです。



      特にエイジングでしわやしみ、ほうれい線などを少しでも改善したいという場合には化粧水は抗酸化作用のあるものやエイジング効果を重視したタイプを選んで、保湿は美容液やクリームなどで補うことが良い選択です。