エイジングケアが出来る化粧水

  • 化粧水によるエイジングケアのポイント

    • 化粧水でエイジングケアをする時には、使い方や塗り方によって期待できる効果が違ってきます。

      基本的な使い方のポイントは洗顔後に使用することであり、洗顔後にエイジングケア化粧水を使用すると、洗顔後における肌の水分の蒸発を防げます。
      肌の水分量が保たれると肌のバリア機能が強化されますので、紫外線などの刺激から肌を守れます。
      歳を取ると肌の乾燥が進み肌のバリア機能が低下します。


      特に敏感肌や乾燥肌の方は加齢でますます乾燥が進み、バリア機能が著しく低下します。
      このままの状態が続くと紫外線などの外部刺激の影響でシミや黒ずみが目立つようになり、老けた印象に変わってしまいます。
      化粧水でエイジングケアをすると肌のバリア機能が強化され、加齢によるシミや黒ずみを防げます。

      化粧水のエイジングケアが最近こちらで話題になりました。

      化粧水でエイジングケアをする際には、顔の中央部の鼻の付近から顔の外側に向かって弧を描くように塗るのがコツです。このような塗り方をすることで、顔全体にまんべんなく潤い成分を浸透させることができ、顔全体のバリア機能を高められます。

      顔だけでなく、首やデコルテラインも忘れずに塗るようにします。
      エイジングケア化粧水を使用する際の注意点として、開封後はなるべく早く使い切るようにします。



      特に無添加のものは防腐剤が含有されていないので長持ちしません。開封後、半年以上経過した場合は保湿成分が陳腐化している恐れがありますので、廃棄して買い替えることが望ましいです。